HAWAIIAN OCEAN LIFE BLOG

ハワイの海に生きる生命たちの情報をお伝え致します

相利共生

f:id:kashiyama823554:20180317104409j:plain

相利共生とは、異なる種類の生物が同じ場所で生活することで、互いの利益(生存能力)を得ることができる共生関係のことです。

沈船Sea tigerの船尾付近に長らく一緒に暮らしているドクウツボとオトヒメエビが居ます。ドクウツボはオトヒメエビから皮膚表面や口の中の寄生虫を掃除してもらい、その代わりに彼らの外敵であるワモンダコ などから身を守ってあげています。この関係がもう半年以上続いているため、オトヒメエビに近づくと、そっと彼らはどドクウツボの後ろに隠れるような仕草をして、ドクウツボは僕らダイバーの前に出てきます。

このような異種生物の相利共生は、互いの個性を尊重・尊敬し合える関係を保つことで厳しい自然界での生き残り競争を勝ち抜く手段です。