HAWAIIAN OCEAN LIFE BLOG

ハワイの海に生きる生命たちの情報をお伝え致します

オーバルクロミス

f:id:kashiyama823554:20180904103934j:plainライトを持って潜っていると、水中ではいろんな色に出会えます。色鮮やかさではハワイのスズメダイの1、2位を争うほどの、この生物はハワイ固有種のオーバルクロミス(Oval Chromis)の幼魚。
しかし、大人になると徐々に鮮やかな黄色と尾びれの青色がなくなり、メタリックな風貌に変化します。子供の方が可愛いんですが、ビビリですばしっこいんです。
ライトを当てるとより一層体色の輝きを増すため、ぜひ沈船やケーブに入らずとも、ライトを持って生物たちの本来の色を見つめてください。

この種は2月〜5月にかけて、浅瀬のリーフ近くでオスが婚姻色を出して産卵行動をしているところをよく見かけます。幼魚に関してはあまりワイキキ周辺では見かけにくいのですが、6、7、8月のノースショアビーチポイント、主にビッグチューブで見ることができます。